Darkside(リンクエラー修正しました)

2012年8月31日(金) 21:06

序盤は何とかなる

 少し先の面に進むと、通常のプレイでもベジタブルを取らないと点が大きくロスになる。そのため、岩2つを落とすところまでは安全にプレイできるようパターンを作る。
 そんな場合、パターンを少し改変するだけで敵を岩で潰さずに済む場合も多い。

 空落とし2つで、ベジタブル出現。

 敵を掻き集めるのは、穴をループ状にして余計に回ることで簡単に可能。

 TASであれば、理論上の最高速でモリを撃てる。

 まさに機械のようにキッチリとパターン化するのが、最速優先のTASだ。
 しかし、動画として公開する場合はエンターテイメント性も重要になる。自分の場合、ガチガチに最速を追求しないことにしている。

 若干のパターン崩れを何とか丸め込むプレイの方が、見ていて楽しめるものだ。

 16面で、あえて12面と同じようにプレイすることで敵が岩で潰されないようにする。

 16面からは、12〜15面と同じ面が延々と繰り返される。単に、少しずつ敵が速くなるだけ。
 だから、マンネリ対策が更に重要となる。
 4面前に同じ面となるが、TAS製作中に前の面を参照しないことにした。少しずつ異なった展開をワザと作り出すことで、バリエーションを生みたい。

 4N+1面は、衆目が一致する最も簡単なパターンである。

 ベジタブルと敵全滅を両立するという最高難易度のプレイであってさえ、4N+1パターンだけは実機人力で充分に再現可能だと思う。
 TASを参考にして、人間が点稼ぎプレイできる。

 敵を巻き込まずに岩を空落としするのは、要領が分かればTAS的には簡単だと判明。問題は、敵を全滅させる方。病気掘りで邪魔な横穴もないなどという虫の良いパターンに持ち込むのはどんどん困難になり、逃げる敵を「偶然に」全部一度に巻き込めるパターンを探さねばならない。ここで追記が増える。

written by higashino [ゲーム] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4