Darkside(リンクエラー修正しました)

2013年12月8日(日) 19:05

まずはデス1から

 エキスパートクラスをクリア済みのセーブデータを作るため、エミュレーターでプレイ。
 安直にステートセーブ&ロードを駆使してクリアする。パッドはプレステ3純正のを流用したが、プレイ感覚は実機と殆ど変わらない。エミュレーターも充分に進歩している。

 ところが、いざ録画を開始すると、セーブデータが無視されてしまう。
 プレステ用のエミュでは、セーブデータを選択することもできた。しかし bizhawk
では録画と既存セーブデータが両立できないようだ。このあたりで、bizhawk が
Tasvideos 推奨エミュということなのかもしれない。かくして、わざわざプレイしたのが無駄に。SFC
のエミュは数多いが、TAS製作に適したものは少ない。ほぼ、別の選択肢はない。

 だが、モノは考えよう。改めてまっさらな状態からエキスパートをクリアする録画を作成しれば、ムービーファイルは巨大化するもののその気になれば
Tasvideos 送りにだって出来るデータが出来る。別に送らなくても、いざという時にムービーファイルを公開して不正していないことを証明もできる。

 デスウインド1のマスタークラスをクリアする部分だけ動画公開した場合、実はエキスパートでクリアしていたという疑いを持たれる可能性だってある。見る者が見れば敵の追いつき具合で、エキスパートなのかマスターなのかは明白に区別できるから、実際はそんな不正は成立しないのだが。少なくとも、公開したら大炎上。
 公開しようと思えば公開できるムービーファイル、というのは価値がある。

 デスウインド1だけでなく、ナイトリーグを最初から終わりまでクリアするTAS動画を作るというのも有力だった。
 これなら、クラス選択画面から通して動画にすることが出来る。
 しかし、久しぶりにある程度まっとうに F-ZERO で遊んで、その考えはボツにした。なぜなら、見ごたえあるのはミュート1とデスウインド1だけで、残る3コースは「うまい人間のプレイ動画」の域だからである。きっと、見ていてダレるだろう。
 やはり、デスウインド1だけに絞るべきだ。

 録画状態にし、赤車を使って安直にナイトリーグのエキスパートをクリア。プレイ内容は論外。
 タイトル画面に戻るとマスタークラスが選択可能だが、その前にデスウインド1の記録を表示させて消去。遅いゴールデンフォックスでプレイした後でも、確実に新記録表示になるようにしておく。
 このあたりの見栄えは、動画公開という前提で考えると重要である。

 同様に重要なのが、グランプリモードで表示される得点。
 F-ZERO というゲームでは、殆ど誰も得点を気にしない(凄いゲームだよな)。しかし、順位によって得点が変わる。5周全部を1位通過すると、1コースで6100点が得られる。
 デスウインド1の前には、3つのコースがある。TAS動画なのに、4つ目のコースを開始する時点で得点が18300に達していなかったら興ざめだ。

 だから、最初の3コースは動画公開しないとしても、最低限5周全部1位でクリアしておかねばならない。
 こういう細部の詰めが甘いTAS動画は、叩かれる。

written by higashino [ゲーム] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4