Darkside(リンクエラー修正しました)

2014年1月31日(金) 21:05

1未満の戦い

 改めて2周目の第1→第2→直角コーナーのスクリプト探索を始めて、誤解に気付いた。
 1周に要するフレーム数は、大抵の場合整数ではない。半端なタイミングでゴールラインを通過するものだ。だから同一地点であっても、内部座標でどこまで到達するかというのは、周回ごとに異なる。

 直角コーナーのバグを取ったら内部座標で3も改善されたというのは、2周目と3周目を混同した誤りだった。
 実際には、1しか改善されていない。
 とはいえ、比較すれば差は明白だ。部分的に改善されたのだから、この後も作りなおして確かめるしかない。


直角コーナー改善前 改善後

 ところが、とんでもなく謎な現象が発生。改善して早くなったはずが、以前と同じキー入力では一点読みの隙間飛び込みができないのである。余裕が出来てしまうのなら分かるが、どうやってもキツい。
 改善解は大量に存在する。直角コーナーまでは別解だらけであり、ガードビームを削るのと削らないのと、いずれも正解である。どっちでも良い。しかし、内部座標の1未満の部分でいろいろあるようだ。例えば、(10,10)
より(10,11) が勝るとは限らない。デジタル世界で大抵の場合、端数は切り捨てになる。実は (10.9 , 10.9) と (10.0 , 11.0) であって前者が勝っている可能性もある。

 半端な角度の走行が加わることにより、座標計算のアヤが生じている気がする。
 とにかく最適化も内部座標で1を争う段階になると、速い遅いが不明確になって来る。その一方で、どっちが速いかを確認するスクリプトは1件走らせるだけで1日掛かる。精密にやろうとすると、2日以上掛かる。早くできる「可能性」の大きさに比べて、手間暇が激増する。ガチガチに最適化して誰も改善できあいようなものを作ろうとしていたが、現実には不可能だと思えて来た。どこで妥協するかの見極めが必要だ。

 別解を試し、一点読みの出口までタイ記録というのを得た。
 しかし、内部座標や内部速度は同一だが、ムービーファイルを接木すると1秒以内にズレる。やはり1未満の世界が絡んでいる。一応ヘアピン突入探索スクリプトを走らせてみる。

written by higashino [ゲーム] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4