Darkside(リンクエラー修正しました)

2014年2月2日(日) 18:49

ノウハウまとめ

 3周目の第1→第2→直角コーナーの探索スクリプトを走らせると、2周目作り直し前より内部座標で1速い解がゾロゾロ排出された。結局のところ、2周目の作り直しで、内部座標1以上2未満の改善が得られたようだ。
 最終的には1フレームの差が生じない可能性も高いが、生じる可能性もある。9分の1フレーム単位の違いを気にしないと、最後に泣くかもしれない。
 ただ、内部変数1未満にこだわり過ぎてもまた泥沼という感じがする。それこそ際限がない。

 現段階までのTASでもそれを散々見ていると、既存のTAS動画が人間のプレイに見えてしまうほど煮詰まっている。並行探索に投機実行を繰り返している現状で、これ以上は精神的に苦しい。
 ここを乗り越えれば、5周目の締めまでは同じ繰り返しですんなり行けると期待したいが・・・ガチTASを頑張って来たおかげで、以前は良く分からなかったことがあれこれ判明したのは収穫。

1)第1コーナーのケズり
 ガードビームをケズって曲がるのが速いか?それともケズらずに曲がるのが速いか?
 人間がプレイする場合は差など出ないので気にする必要なし。TASでも差は恐ろしく小さい。たぶんケズらない方が有利と思われる・・・ぐらいの言い方しかできないほど差が無い。

2)第1コーナー曲がった直後の間合い
 車体とガードビームの幅は、車体半分だけ空くように曲がろう。

3)ダブル一点読み
 飛び込み時はガードビームをケズった方が速い。右から左への移動は、重心移動よりハンドル操作の方が速い(人間には実行不可能だから無関係)。
 脱出時は、TASの場合ガードビームをケズるかどうかは無関係。ヘアピン突入の走行ラインを最適化するのが最優先であって、どちらが有利かは逆算により決まる。人間の走行ラインだと、TASで試してないので優劣不明
(^_^;)

4)スーパージェット
 噴射期間を余しても、余り遅くならず場合によっては速くなる。
 理由は、噴射期間をフル活用しようとすると478キロoverへの加速が遅くなりがちだからだと考えられる。最後で得をするが、最初で損をするのだ。478キロoverへの加速が早めに可能なパターンが存在する場合には、噴射期間をフル活用するのが最速になる。

written by higashino [ゲーム] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4