Darkside(リンクエラー修正しました)

2014年2月5日(水) 21:22

1535フレーム

 S-JET 最適化を施し、噴射終了後のフレームで内部座標を比較。
 最初に探索した、一見遅いがスクリプトに速い判定された方が、最終的な内部座標でも1の先行を保っていた。スクリプトはおかしかったのではなく、正しかった。それでも納得できないので、前の周回と詳細に比較。
 実は、最適化に問題無さそうだ。

 前の周回とは、ほぼピタリで1535フレーム差となっている。更に1つ前の周回もまた、1535フレーム差。
 ダブル一点読みの出口など要所で比較しても1535フレーム。スクリプトの探索結果は内部座標で出力されるが、これも1かせいぜい2以内の差で同一の数字が出ている実績。
 1フレームは内部座標で9の差に相当するから、半端なフレーム数になる方がありそうである。恐らくガードビームの門番が影響し、整数フレームに近い周回タイムに揃っているのだろう。

 SFC NTSC なので、1秒はほぼ60フレーム。しかし SFC F-ZERO のタイム表示は2フレームあたり0.03秒の割合で進む。つまり、ゲーム内では1フレームは60分の1秒ではなく0.015秒だ。
 1535フレームは、23秒025として扱われる。2周目が遅くなるのは5周目で回収可能なので、何とか1分57秒台は出せそうである。
 人間の実機世界記録が1分58秒台なので、TAS動画は1分57秒台でないと公開できないだろう。

 ミュート3の1分57秒台がどれほど人外かは、経験者しか分からない。TASではなくて人間実機が、1フレーム差に狂喜する世界。
 SFC版 F-ZERO を良く知らない者からすれば、「TASのくせに人間より1秒しか速くないの?」となるところが辛い。

written by higashino [ゲーム] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4