Darkside(リンクエラー修正しました)

2014年2月15日(土) 18:04

落とし穴回避

 3周目のガードビームを抜ける後半スクリプトにバトンタッチ。ところが、内部座標で1しか先行してくれない。
 前半スクリプトでは3の先行だったのに、ここで先行が1に悪化してしまう。

 前半スクリプトの次善解も調べると、前半の内部座標が2しか先行していない解のうち1つが後半で3の先行へと逆転。部分最適化が全体の最適化になるとは限らないから、スクリプト分割の要注意だ。

 更に、S-JET 最適化でも落とし穴があった。
 せっかく内部座標3のアドバンテージを持ち込んだのに、S-JET を噴射すると先行が1に悪化。ここで、簡易判定では同着だが噴射期間を2フレーム残す別解を使ったら、先行が3のままキープされた。噴射タイミングが異なる解の比較は適切に行っているつもりだが、どうしても誤差がゼロにならない。要注意だ。

 いろいろな落とし穴を何とか回避できているのは、ある程度先まで製作したことで最適化の目安が分かって来たからである。
 最速と思われる走行を行えば、要所においてどの程度の内部座標になるかが予測できる。実際の到達座標がそれに劣ると、最適化されていないという疑いが浮上して徹底検証となる。
 スクリプトがすんなり最適解を掘り出してくれれば楽だが、レース後半になるとどんどん怪しい。最適解が別に埋もれている可能性を潰すため、探索範囲を広げることになる。それは時間を食うだけでなく、データーの管理も煩雑になる。

 今や手動でTAS製作を楽しめるのはダブル一点読みだけで、それ以外は探索スクリプトの管理と検証ばかりだ。スクリプトの動作が納得できずにカスタマイズも繰り返したため、高度に専用化してしまいもはやミュート3以外への流用など考えられない状態。
 しかしこの単純作業も、5周目後半までの辛抱。5周目のダブル一点読みの手前には最悪の邪魔カーが待ち受けているし、それを突破できても5周目の S-JET とヘアピンは掛け値なしのラスボスである。

written by higashino [ゲーム] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4