Darkside(リンクエラー修正しました)

2014年3月7日(金) 21:35

表向きの追記は増えない

 1周目の第1コーナーと第2コーナーに関しては、ミュート3では手動最適化した。これは、ソニックスタートから第1コーナーまでの距離が短く、選択肢が殆ど無かったからである。
 しかしミュート1の場合、遥かに手前でソニックスタートが完了する。だから、第1コーナーを曲がる際の選択肢が多い。

 そこで、lua スクリプトを動かすことにした。
 選択肢が多いと言ってもガードビームとの接触厳禁なので、2周目以降のように手動最適化が絶望の状況ではない。案の定、手動最適化と同等の解しか発掘できなかった。

 ジャンプ台は、そのままでは一点読みの飛び込みが出来ないほどガードビーム側に寄せないとパスできないのが痛い。つまり、常に走行ラインのロスになる。ミュート3は逆で、充分に一点読みが可能な間合いよりもガードビームから離れないといけなかった。
 総合的にはほぼ互角というか、僅かにミュート3の方が有利な可能性もあるぐらい。

 結局ダブル一点読みの飛び込みまで、手動のみで最適化することになった。ムービーファイル上の追記は58回しかない。大半は走行前のメニュー画面を最速にするための試行錯誤で、いざ走行が始まったら表向きの追記ほぼゼロ。というのも、ムービーファイルを直接編集してリトライする方が楽なのだ。前後のキー入力シーケンスが一望できるので、慣れると調整し易い。

 とはいえダブル一点読みの右→左への移動などは、ゲーム画面を見ながらの方が分かり易い面もある。そろそろ手動最適化でも追記が増えそうだ。

written by higashino [ゲーム] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4