Darkside(リンクエラー修正しました)

2014年3月14日(金) 21:42

厳密解は探しにくい

 スクリプトをいじっていて、速度脚切りがシビアじゃないか?と思い始めた。
 判定はヘアピン抜けて少し走った段階の内部座標で行っているが、その時点で速度が低ければ解扱いしない。座標が先行していても、速度が落ち過ぎていればタイムは期待できない。だが、これで「速度は少々落ちるが思い切り先行している」解を見逃しているのではないか?

 速度条件を緩めて、スクリプトを走らせる。
 その結果、これまでより座標先行した解が発見された。しかし最高速に復帰する28秒あたりまで走行して内部座標を確認すると、思い切り遅かった。

 どの程度まで速度が落ちても解扱いするか?
 これが難しい。走行ラインの影響も大きく、やはり実際に走らせるしかない。
 厄介なのは、ガードビームと完全に並行に走らせねばならないので、その調整に時間を食われる点。スクリプトの実行時間がかなり伸びる。連続実行時間の制約に引っ掛かり、実行を分割せねばならないかもしれない。とはいえ、ミュート1なら決行する価値はある。
 ミュート3では1周目のヘアピンを抜けると邪魔カーが出現するため、自動で数秒先まで走らせてみるということが出来なかった。

 ミュート1ならホームストレートがクリアなので、ガードビームにさえ接触させなければ問題なく実走させられる。
 そこでまたスクリプトを改変して・・・というところでトラブル発生。そう、うちのサイトがしばらく接続不能になっていたはずだ。
 木曜の夜に通信障害が発生。金曜の未明に一時的に復活したものの、それ以来全くネットに接続できない。確認すると、電話回線からして通じていない。昔の刑事ドラマで良くあった「電話回線が切断されています」状態。1年前にも同様のトラブルがあったばかりで、モバイルにより電話回線の致命度が下がったためにNTTの保守がいいかげんになっているのではないか?

 モバイルという緊急バックアップは存在するものの通信量の制約や端末のスペックもあり、完全な代替にはならない。むしろネットの隆盛により、固定電話のみの時代より重要性は増していると思う。回線障害は、恐ろしいほどの迷惑をこうむる。

written by higashino [ゲーム] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4