Darkside(リンクエラー修正しました)

2014年4月6日(日) 22:46

成功するかどうか不明

 最終ヘアピン抜けに比べて、ソニックスタートの最適判定は非常に厄介である。
 最終ヘアピン後はホームストレートが長々と続くので、ガードビームと平行に走るよう調整できさえすれば、精密な比較が可能だった。
 しかし、スタート時はすぐにコーナーが迫って来る。一方では最高速まで遥かに遠く、速いのか遅いのか判定し難い。精密比較するためには、最高速に達するまで走行したうえで内部座標を比較することになる。それには、第1コーナーと第2コーナーと直角コーナーを最適に曲がらねばならない。実際問題として、不可能だ。

 正確に比較できないとなると、大雑把に判定するしかない。
 ミュート1を作り始めた当初には、第1コーナー近辺での特定フレームにおいて、速度と座標の両方を見比べて判断していた。そのうえで、有望なデーターは少し先まで走らせてみる。
 ミュート3を作った時は、ある程度キー操作が変わっても出力は変わらなかった。しかし、ミュート3で追突して来るのはBFである。ミュ−ト1のGFとは、追突状況が明らかに異なる。

 ミュート1のソニックスタートは、遥かにセンシティブであり結果が変わり易い。何とかスクリプト化しないと、最適化されているという自信が持てない。

 現時点において、左端一杯に寄せた状態でハンドル操作無しの走行が2フレーム挿入されている。
 この2フレームを挿入する直前でステートセーブしておき、それ以降をスクリプトで調べる。

written by higashino [ゲーム] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4