Darkside(リンクエラー修正しました)

2014年4月7日(月) 21:12

ライバルも要チェック

 ソニックスタート2段目のスタートデーターからの操作は、分解すると結構多い。
 現時点のデーターだと、

・直進
・右ハンドル
・直進
・左ハンドル
・直進
・右ハンドル
・直進
・左ハンドル
・直進
・右ハンドル ←この途中で追突

 とあって、それぞれ何フレーム持続するかが可変である。
 変数が10個だから、可変8通りとしても1億通りのオーダーになってしまう。本来ならそれぐらいは充分に探索可能なのがコンピューターだが、このエミュレーターではスクリプトが実時間とそう変わらない速度でしか動かない。表示更新せず最高速でブッ飛ばすことができないのは本当に痛い。
 そうすると、見込みの無い探索枝は早期に切らねばならない。連続数時間から十数時間で、スクリプトはエラーを出してしまうし。

 自機の位置や向きは重要だが、人間がソニックスタートを実行する場合は当然のごとくゴールデンフォックスの位置を気にしている。TAS製作時でも、GFの左右位置が不適切だったり追い付きが遅かったりすると、こりゃ駄目だと分かる。より効率的に枝刈りを行うには、GFの内部座標や内部速度を確認したい。
 ミュート3のグランプリに比べても、GFは非常に針路変更が激しい。僅かなアヤで、追突後の速度が上がらなくなる。

written by higashino [ゲーム] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4