Darkside(リンクエラー修正しました)

2014年4月9日(水) 21:48

ライバルカーの情報

 自機の重要パラメーターとして、X座標・Y座標・向き・速度の4つがある。
 いずれも16ビットで表現されているので、2バイトを使用する。

 ではライバルカーはというと、すべて+2されたアドレスに格納されていると確認できた。
 コマ送りしつつ両者の様子を見ると、メモリー内容が明白に画面とシンクロしている。
 メモリーマップが2バイト置きに隙間無くということは、1未満の座標や速度が近隣に記憶されているわけではない、という意味でもある。速度に関しては不明だが、X座標やY座標に1未満の処理が存在するのは確定的である。それがどうしても分からないのが、もどかしい。

 2回目の追突は、右ハンドルを切っている最中に発生するように操作する。
 ミュート3のBFによる追突では、右ハンドルを何フレーム連続で切るかという点に関してはアバウトで、少しズレても結果が変わらなかった。しかしミュート1のBFは、ずっと変化し易い。それだけ探索範囲が広くなる。
 探索スクリプトは多重ループを組んでキー操作を片っ端から変化させ、途中でどうしようもないほど自機とGFのパラメーターが不適切になった場合にはその探索を切り捨てる。そして最終段階では2回目の追突が発生するかどうかを確認し、右ハンドルを切るフレーム数を変化させつつ到達座標と速度をチェックする。

written by higashino [ゲーム] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4