Darkside(リンクエラー修正しました)

2015年3月5日(木) 21:46

これはひどい

 せっかくネジコンTASが可能になっても、ソフトが動かないのではアウト。
 TAS製作用ではない通常のエミュレーターで、現在評判が良いのは ePSXe である。さっそく落として来て試す。初代リッジレーサーも、初代モータートゥーングランプリも動く。更に、最初からネジコンにも対応している。
 ただし、TAS製作に使える機能としてはクイックセーブとクイックロードだけ。人間が遊ぶ場合には「やり直し可能」というだけで十分過ぎるほど強力だが、TAS製作は無理。コマ送り機能が無いとかいう以前に、ムービーファイルを作れない。これでは、画面キャプチャーしながらクイックロードとクイックセーブを繰り返してプレイを行い、その動画を編集するという手法しかない。

 実際、プレステ2のTASをそうやって作っている剛の者もいるらしいが・・・

 レースゲームの場合、そんな「ミスしてないだけ」のプレイではお話にならない。TAS動画に関しては、そのレベルは遥か昔に終了している。
 とはいえ ePSXe は、イメージファイルが壊れていないかどうかの確認には便利である。
 どうせなら ePSXe を改造してTAS製作機能を追加すれば?とも考えるが、あいにくソースが公開されていない。PSXjin が互換性に難のあるエミュレーターを元にして改造されたものだというのも、ソースが公開されているエミュレーターが他に無かったからだろう。

 ただ、PSXjin の動作状況は妙である。
 モータートゥーンの2が動くのに1が動かない。逆ならば分かる。後から出たソフトは、新たな機能を使っていたりプロテクトを掛けたりする可能性がある。だが、新しいソフトが動いて古い方が動かないというのは何なのか?これは、エミュレーションの質ではなく単純なバグの可能性がある。
 特にMTG1とMTG2は類似なので、両者の動作を比較することで原因が掴めるかもしれない。
 すると、MTG1では cue ファイルが読み込まれていないと判明。
 MTG2は cue ファイルを読み込むのに、MTG1のは読み込まれない。

 何と、拡張子が .cue かどうかで判定が行われていた。
 手元にある cue ファイルは、MTG1では大文字 CUE になっていた。でもって、文字列比較で一致せず。こ れ は ひ ど い。
 さっそく、大文字でも小文字でも読み込むように判定部分を修正。これで、MTG1も cue が読み込まれた。だが、相変わらずゲームがスタートしない。延々と、画面真っ暗なままだ。
 とはいえ、この修正によりリッジレーサー・レボリューションは動作するようになった。これまた、新しい方が動いて古い方(初代リッジ)が動かないパターンである。

written by higashino [ゲーム] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4