Darkside(リンクエラー修正しました)

2015年3月23日(月) 23:59

操作の仮定

 あらゆる操作を試す時間が無いとなれば、典型的な操作を仮定せねばならない。
 アクセルに関しては、ある場所までアクセル全開。その直後にフルブレーキング。コーナーリングの前半までフルブレーキングを続行し、コーナーリングの後半は再びアクセル全開で脱出する。まあアクセルとブレーキに関しては、どっちも100%で行うのがベストだから話は分かり易い。
 問題は、ハンドリング。

 ネジコンは8ビットのアナログで、0〜255までの値を取る。センターは128だが、129説もある。
 ランナバウトはネジコン調整が可能なので、センター128で遊び0、ねじり角135度にしてある。要するに、分解能を最大にできる設定である。それでも左右それぞれ70段階程度である。ネジコンは物理的には、160〜170度までねじることができる。
 それでも、70段階あればデジタルハンドルとは全くの別物だ。
 128を入力すると直進し、127だと僅かに左ハンドル。129だと僅かに右ハンドル。

 初期状態として、アクセル全開でコーナーリング50フレーム程度手前というステートセーブを使う。
 そこから、フルアクセルのままハンドル129で進むと、左の壁すれすれをかすめて突き当たりの壁に激突する。
 ハンドルは2段階で切る。前半は緩い右ハンドル。その後は強い右ハンドルでコーナーリングする。ハンドル2段階と、アクセル → ブレーキ → アクセルの切り替えタイミングを変化させる。

 パトカーに衝突するとか、グリップ失った結果と想定させる極端な減速とか、壁との衝突を意味するダメージ値の+とか、問題発生したらその探索を打ち切って次のパターンを試す。
 条件の設定次第で、探索効率は大きく変化する。効率を追求して条件をキツくし過ぎると、解を見逃す可能性がある。

 このあたりは非常に頭を使う。完全に、パソコンにパズルを解かせる感覚だ。

written by higashino [ゲーム] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4