Darkside(リンクエラー修正しました)

2015年4月12日(日) 22:14

完成間近

 峠道を登り切った最終ヘアピン。

 走行ラインは無限に近いバリエーションガアルタメ、スクリプトで片っ端から調べるのは現実的ではない。現実的な時間でTASを完成させるためには、厳密ではなくても概略の正解を人間が判断する必要がある。
 レースゲームの場合だと、最速の走行ラインが「このあたり」だろうと見抜けるだけの経験が必須となる。

 やはり、対象となるゲームに慣れていなければ、まっとうなTASを製作するのは難しい。

 コースの形状を観察し、走行ラインの方針を立てる能力がなければ、いかにTAS製作ツールが揃っていたとしても、途方に暮れるしかない。
 このヘアピンであれば、クリッピングポイントがこの位置であることを見抜けないようでは、TAS製作困難だと思う。

 ポリゴン欠けにより水辺みたいな表示になっているが、壁が表示されていたらマシンが見えなくなってしまう。

 最後の検問を突破。

 草地はグリップが悪化するものの、速度は低下しない。
 ただ、立ち木も無いのに突然当たり判定が生じてダメージ&大減速ということが多発する。そのため、走行ラインをズラさざるを得なくなることがある。

 後はバッテリー箱通過のようにシビアな部分はなく、一気にゴール目指して作成を続けるだけだ。

written by higashino [ゲーム] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4