Darkside(リンクエラー修正しました)

2015年5月1日(金) 21:54

回避は可能

 ここは横滑りを抑えて通常走行に移行し、トレーラーを回避する針路変更が可能となるまで速度を落とすしかあるまい。試しに250キロあたりまで減速して正面を向くと、問題なくトレーラーの左側に避けることができた。

 回避が理論上は可能だと判明したので、TAS製作は続行可能だ。

 しかしTASであるからには、回避可能な速度の上限を調べねばならない。これ以上1キロでも速度が上がっていたら、トレーラーを回避し切れない。そんなギリギリ上限の速度で料金所を突破しばければ、TAS動画とは言えない。
 スクリプトの時間。

 ドリフト状態で滑走して来たのを、原則させつつ正面に戻す。そして左ハンドルを切り、料金所にぶつかるまで250キロ以上をキープできるキー操作パターンを抽出する。途中でトレーラーに突っ込んだら、速度は激減する。
 料金所到達時の速度が faster であれば、自動的にステートセーブ。
 実際、こういう単純な調査方法だと、想定外の使えないパターンも引っ掛かる。上位候補を手動でチェックし、最終的な採用ムービーを決定する。

 3Dポリゴンのレースゲームもまた F-ZERO 同様に挙動がリニアではない。ごく僅かな入力の違いで、全く別の動きになったりする。入力装置はアナログだが、TAS的には分解能が低過ぎてデジタルと大差ない。よって、ベストに近いパターンを探すには絨毯爆撃しかなく、追記がどんどん増える。追記数が少ないと、うまい人間のプレイに見えてしまう。

written by higashino [ゲーム] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4