Darkside(リンクエラー修正しました)

2015年5月6日(水) 16:29

まだ加速可能

 空中で左旋回を掛け、主砲を地面に向けた横倒し状態で着地すると、比較的減速を抑えられることを発見。
 人力で試行錯誤し、有効かもしれない入力パターンを発見したら、その周辺をスクリプトで絨毯爆撃といういつものやり方。

 ヘアピン激突直後でも、時速288キロまでは残せると判明。

 しかし、この後どこまで減速を抑えられるか。
 大雑把な感触として、時速250キロは切りたくない。200キロ前後になると、スリップ加速などの有効性も悪くなり速度が落ちる一方になりそうだ。

 時速400キロを超えていれば、大雑把にブッ飛んで行ける。だが、300キロあたりだと地道に最適なステア量を探ることになる。外周の崖に頭をくっつけている方が速度が出ると判明。
 これは実に残念で、戦車で跳ね橋をジャンプするという是非とも拝みたいシーンは拝めそうにない。跳ね橋に向けて曲がれるようなパターンは見つからない。

 グランツーリスモの壁加速と同じ状態だ。
 ステア量を変化させ、150フレームほど先の速度を調べる。そして、最大速度が得られるステア量で50フレームほど進める。そこで再び150フレーム先まで速度チェック。
 幸いにして、速度は徐々にアップ。超加速はまだ引っ張れそうだ。

written by higashino [ゲーム] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4