Darkside(リンクエラー修正しました)

2015年6月12日(金) 22:59

スタックリカバー

 右下のミニマップでも直角コーナーだらけなのが分かるが、実際には柵などがあって更に走行ラインは限定される。
 通常の走行を行っている場合は通常のレースゲームと同じだが、超加速だとステアの自由が効かないので柵が最狂の障害物として立ち塞がる。どんなに調べても、柵を回避して直角コーナーを突破するキー入力が見つからないのだ。

 ただ、直角コーナーや柵だらけの場所に高速で突っ込むと、ポリゴンに挟まってスタックが多発する。
 スクリプトを動かしている画面を眺めていて、時々カウントダウンが開始されるのに気付いた。
 カウントダウンは、どこかの電話ボックスに接触した時点で開始される。つまり、スタックリカバーによって、電話ボックスに接触したということだ。

 画面の左端に下向き↓が表示されているが、それが電話ボックスの位置である。
 スタックリカバーを利用して電話ボックスに移動したらどうか?

 スクリプトを書き換える。
 これまでは、スタックリカバーが発生(1フレーム間に異常に大きな座標変化)すると、それはキー入力候補から除外していた。それを、単に除外するだけでなく別途ステートセーブしておくようにする。飛び先座標も記録しておく。

 電話ボックスは直角コーナーを通って橋を渡った対岸にある。
 スタックリカバーで電話ボックスに到達できれば、直角コーナーの突破方法で悩む必要はない。

 暫くスクリプトを動かし、記録されたスタックリカバーの飛び先を確認。電話ボックスに一番近い場所に飛んだステートをロードし再生。期待通り、綺麗に左上の電話ボックスを直撃していた。その後も、うまい具合に右側に突進可能。
 しかし、喜んだのも束の間。対岸を右に進むと、これまた直角コーナーや柵が待ち構えている。
 今度はスタックリカバーの発生ポイントが見つからない。単に直角コーナーや柵が入り組んでいれば発生するというものでもないようだ。

 速度を落とせば直角コーナーを通常に曲がることは可能だが、摩擦の少ない直線壁では再加速が難しい。超加速状態のまま直角コーナーを反射して突破できないかとスクリプトを回しまくったが、どうしても解が得られない。実機で不可能なことは、TASでも不可能だ。

written by higashino [ゲーム] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4