Darkside(リンクエラー修正しました)

2015年6月19日(金) 21:11

ゴール急接近

 無事に看板の所に戻って来た。

 ここで右側に戻ってしまわず、看板を再び突き破って前進してくれないと困る。
 だが、皮算用はバッチリで、問題なく進めそうだ。

 スクリプトではベスト判定を、到達速度最大ではなく到達座標最大に変えてある。より速く、ではなく、より遠くだ。これにより、速いけれども逆走というステア入力を排除する。

 期待通りにゴール目指して超加速を続行。かくして、ヘアピン2重逆走パターンの採用が決定。もう圧倒的に速いのは確実だ。

 だが、ここからまた厄介。
 超加速で、うまく湖の奥まで誘導できるかどうか。
 湖の奥は両側に壁があって狭くなっており、ただ突っ込むだけでスタックリカバーが発生する。そこに誘導し、一気にゴール付近へジャンプさせようと狙っている。

 メトロシティーの最後は、連続する直角コーナーとショッピングモールの破壊突破である。超加速をキープするのは難しく、かなりの時間を要する。ショッピングモールを飛び越えるスタックリカバーを発見できれば、大幅なタイム短縮になる。

 スクリプトでは、湖の奥までの距離が最短になるよう誘導している。もちろん、そこを通過すれば判定条件を変えねばならない。スクリプト内部では、条件判定が多数入って最遠座標を決めている。
 その動作を眺めていて、ときどきやたらに高速な場合があることに気付く。

 スタックリカバーしていないのに、猛烈に速い場合があるのだ。
 前の写真と比べて欲しいが、わずか0.23秒でもう湖の上に出ている。

 ポリゴンに挟まってスタックリカバーになるパターンだけでなく、単に超高速で放り出される場合もあるらしい。ムービーをコマ送りで再生すると、看板を2回目に突き破るところから猛烈な速度が出ている。
 一方で、都合よく十分にゴールに近い場所へ飛ばされるスタックリカバーが、なかなか発見できない。これはと思っても、海の中に出現して身動きできなかったりする。

written by higashino [ゲーム] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4