Darkside(リンクエラー修正しました)

2015年6月20日(土) 19:15

速過ぎ

 ここの湖は裏技的に仕掛けられていて、水没しない。

 プールでも水没ゲームオーバーになるが、普通に走れるという開発側の仕掛けである。しかし、超加速状態でも減速しないかどうかは不安だった。
 いざ超加速になると、そもそも水中に没しない。ホバークラフトのように空中を突っ走る。

 そしてこの出口が、異様に細くなっている。
 ポリゴンに挟まるという状況は、大抵の場合意図して作り出さねばならない。それはそうで、普通に発生するのではプレイに支障が出る。しかしこの場所だけは、ただ走るだけでポリゴンに挟まる。

 スリップ加速が発生していることが分かる黄色い筋も見える。

 速度が上がり過ぎて、地形がほとんど無視されている状態。だが、時速を示す内部メモリーの値はアテにならない。プラス521からマイナス523までの範囲内の値にしかならない。座標の移動量から判定すると、このあたりは時速3000キロを超えている。

 だが、このままでは突き当たりで困る。
 突き当たりには右直角コーナーが2連続してショッピングモールという具合になっている。しかも、直角コーナーを直進すると看板突き破って袋小路である。そろそろ突破方法を考えねばならない。

 既にアイテムは取得し、電話ボックスへのコンタクトも済んでいる。後は、ゴールインするだけで良い。
 だから、ゴール付近にスタックリカバーで飛ばされれば万々歳なのだが、メトロシティーはスタックが多発するくせにゴール付近になかなか飛ばされない。
 アイテム至近に飛ばされたこと自体が相当に運が良かったわけで、そううまくゴール付近には飛べないかもしれない。

 ただし、傾向として飛ばされる距離が短めである。すなわち、ゴールに近付くほどゴール付近に飛ばされ易い。

written by higashino [ゲーム] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4