Darkside(リンクエラー修正しました)

2015年6月21日(日) 19:56

ゴール直撃

 スタックリカバーが発生すると最大10秒先まで調査し、速度が2以下に落ちたらステートセーブするようになっている。
 その時点での座標がゴールに近いものを再生し、実際にどこに飛ばされているかを手動で確認。

 大抵は50秒を過ぎるかどうかのセーブで、なかなか使い物になりそうなのがない。
 ところが、突然41秒なんてものが現れ、しかもコンプリしている。びっくりした。さすがにここまで早いとは予想外。何が起きたのか分からないので、コマ送り再生で確認する。

 スタックリカバーなのか単なる高速放出なのか良く分からないが、時速3000キロを超える猛速で低空を飛んでいる感じ。
 ミニマップが役に立たないため、状況が分かり難い。

 行き着いた先がゴール判定領域内で、そのままコンプリート扱いになっている。
 ゴール付近に出現するのは期待したが、ゴール直撃は嬉しい誤算。

 隣接ステートセーブにも幾つかゴール直撃パターンが発見できたが、41秒13が最速。
 そしてスタックリカバー以外の最速探索がゴールインしないまま41秒13に達したことで、41秒13が最速と確定した。
 何とか1分は切りたいと思っていたが、遥かに速いTASが実現した。

 ミニマップは、コンプリートすると復活するようだ。

written by higashino [ゲーム] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4