Darkside(リンクエラー修正しました)

2015年7月1日(水) 23:59

ここも加速が黒字に

 前回は最初のストレートで壁反射スリップ加速を試したところ、65キロぐらいまでしか加速できず黒字にできなかった。しかしその後のTAS製作で、スリップ加速は想像以上に効果的だと判明。じっくりと調べたところ、ダウンタウン最初でも壁反射をしつこく繰り返すことで黒字化可能だと確定した。

 スリップ加速は、速度が上がるほど効果的になる。よって、速度の遅い初期段階で黒字に出来るかどうかが鍵となる。何とか黒字にできれば、どんどん黒字条件が楽になって加速が付く。
 他の2コースよりも数多くの壁反射を繰り返し、僅かずつ速度を上げる。

 一見すると直線に近い単調なコースが伸びているようでいて、建物の凸凹が嫌らしく設けられているのがランナバウト。引っ掛からないように進行させねばならない。
 また、パトカーなどの障害物も厄介。確かに壁反射と組み合わせてうまく押し潰すと、大きな加速が得られる。しかし、加速パターンは極端に限定されており、その限られた走行ラインが全体的な最適化にハマるとは限らない。

 このパトカーは、減速要因になる。

 押し潰す寸前に主砲で破壊しておく方が、かなり速いと判明。
 主砲発射による減速は、無駄なキー入力が行われないTASの場合かなり小さいことも判明している。もちろんゼロではないので、撃つのはギリギリまで遅らせる。

written by higashino [ゲーム] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4