Darkside(リンクエラー修正しました)

2016年6月29日(水) 21:35

マイクロソフト活躍

 PSリッジ最大の名所は、灯台ヘアピンだろう。
 その灯台ヘアピンの手前にも、もっと楽だが急コーナーがある。
 いずれも、サイレントドリフトを使って抜けたい。

 手前急コーナーでSDを使うためには、その1つ手前のこの右コーナー付近でSDを終了させねばならない。ただ、フレーム数からみると、コーナーを曲がった直後にSD終了でもクーリングタイムは足りそうだ。
 ここもそれなりに急なコーナーであるため、SD解除後の減速を使ってインベタで抜けるのは有効である。しかし、SDだってドリフトだ。SD解除直前にドリフトでここを曲がり、直後にSD終了というのは非常にカッコ良い。SDがドリフトの仲間入りするカッコ良さである。

 だが、スクリプトで何パターンか候補を得て調べたところ、ドリフト走行でここをカッコ良く抜けた場合はクーリングタイムが不足だと判明。横滑りさせているとクーリングタイムが長くなるという説があり、どうやらその通りみたいだ。
 ここより手前でSDが解除されるパターンを取り出す。スクリプトの吐き出した全解をデーターベースにブチ込んでおくと、別候補を探すのも容易で作業がはかどる。インポートする際にデーターベースは超優秀で重複解を自動的に弾いてくれるので、複数スクリプト並行稼動も好き放題。

 画面左上のフレームカウント数には要注意。

 ここからSDに入って有効な解を2つ3つ残す。
 それを基点にSD中操作のスクリプトを走らせる。異なる初期状態に同一スクリプトを適用して複窓で実行させられるので、TASには不可欠な「どっちが速い?」問題をすぐに判定できる。

 データーベースといえばオラクルや mySql だが、こういった閉じた個人用途には今でも
MS Access 最強である。複数接続が行われると破綻するので業務用には使えないが、1人でデーター管理するなら問題はない。それどころか、

・mdbファイル1本にすべてが入っている。バックアップも一瞬。
・テーブルの構造もコピペで簡単増殖。フィールド削除挿入名称変更自由自在。

 セキュリティーやデーター保護と使い勝手はトレードオフだが、MS Access は使い勝手に全振り状態である。だから、個人が趣味でノート代わりに使うには最高だ。
 これでサクっと最速を選択し、検証する。次に使いたい場所でSDが可能なことを確認したら、選択作業終了。

written by higashino [ゲーム] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4