Darkside(リンクエラー修正しました)

2016年6月30日(木) 21:07

SD慣れ

 奥にぼんやりとヘアピンが確認できる。
 その手前がチェックポイントで、タイムエクステンドでもある。時間切れ前に、無事に通過できそうだ。

 チェックポイントの直後にゴールを設定し、最速到達のスクリプト検索を行う。結果に驚いた。
 このゆるいS字は、最短コースで走り抜けたくなる形状をしている。しかし、最短コースだと遅い。コースの形をなぞるように、中央寄りを走り続けた方が速いのだ。思い切りレースゲーム的本能に反している!
 いかにも無駄っぽい走行ラインで、最後はチェックポイントの左端スレスレに弱い左ハンドルで飛び込む。そう、最後は右ハンドルが当然に感じるが、これも本能に反して左に切るのが速い。

 なぜこんな異常な走行になるかと言えば、それによってSD中の速度が上がるからだ。SD物理は、いろいろおかしい。
 SDを駆使した走りをレースゲーム的視線で見ると、セオリーを守らないヘタクソに見えかねない。それだけに、SDを掛ける瞬間はしっかりインを攻めておきたい。もちろんタイムのためにも。

 コース左端ギリギリが最速というのは渡りに船で、ヘアピンを攻めるにはアウト一杯まで寄せておく必要がある。衝突しない限りにおいて、左端に寄っていれべ寄っているほど、SDは加速が大になる。

 SDが切れる際の最適化を行ったところ、シフトダウンしないのが最速と判明。珍しいパターンを引いた。
 先日、SD走行パターンとSDが切れた直後の速度変動は一体化しており、独立には調整できないと書いた。しかしここまで作って来て、必ずしもそうではないと分かって来た。

 SD終了直後の速度変動は、かなり調整が効く。
 SDが切れる直前のブレーキと、SDが切れてからのタイミングを合わせたシフトダウンの組み合わせにより、大抵は減速からスムーズに回復させられる。
 だから、SDは設定ゴールまで最速で到達することに専念して探索すれば良く、SDが切れた後のことは後から処理すれば良い。

 いよいよPSリッジのハイライト、ヘアピン突入だ。
 アウト一杯に寄せて直進状態とし、最適解を探す準備を整える。

written by higashino [ゲーム] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4