Darkside(リンクエラー修正しました)

2016年7月4日(月) 21:30

後半ヘアピン

 第2チェックポイントを通過してタイムエクステンドした直後。暫定タイム31秒8である。さて1周目は何秒出せるか。
 まだ1周目が終わっていないが、もう少しで逆走転回点に到達する。それで1周分ではある。

 ここのSDも、灯台ヘアピン前と似ている。最短距離を抜けるのではなく道の真ん中を走ることで、SDの速度が上がりタイムも短縮できる。
 問題はいつも通りで、SDをどこで切るか。ここで膨大な部分完走データーを収集する手法が役に立つ。SDを引き伸ばし過ぎてヘアピンでSDに入れなかった場合、少し手前でSDを切るわけだが・・・ではその新候補をどうやって得るか?

 スクリプトで完走情報を収集する際には、SDが解除されたフレームや座標や向きや速度を記録している。だからデーターベースをいじって、これより14フレーム手前でSDが切れる走行で最速なのは?とか簡単に探し出せる。フレームや速度を眺めつつ、速そうなのを選んだらスクリプトでステート出力。読み込んで、ヘアピンでSDが使えるかどうか確認。
 こうやってギリギリまでSDでタイムを稼ぎ、ヘアピンに入る。

 ここのヘアピンは、灯台ヘアピンより難しいかもしれない。

 ヘアピンは後半がキツいという極めてありふれたパターンなので、クリッピングポイントも後半になる。

 しかしネジコンを使っても旋回性能が足りず、どうしてもクリッピングポイントが前半になってしまう。そのため、走行ラインを若干膨らませた上で後半にアクセルを抜き、旋回半径を小さくする必要がある。
 そのようなスクリプトを組んで、最速突破パターンを調べる。

 更に厄介なのはヘアピン直後が複合コーナーになっていること。
 ヘアピンを必死で抜けたていどだと、複合コーナーで走行ラインがキツくなり破綻する。
 最初のシケインはタイムを度外視すれば、ハンドルがニュートラルのまま突破可能。アシストが働いている。そこで、ニュートラルのままでシケインまで突破可能という条件で、ヘアピン抜けのパターンを検索する。こうして得られた解は、そのまま複合コーナーを突破可能だ。

 ここから手動で最速走行ラインを試行錯誤したところ、凄い抜け方ができてしまった。クルマが殆ど首を振ることなしに、華麗な慣性ドリフト状態ですいすい抜けていく。
 しかし、抜け切った後が問題。小さなジャンプポイントの直後にSDが解除されてしまう。どう頑張っても、解除されてしまう。やはり手動に頼らず、またスクリプトを組むべきか?

written by higashino [ゲーム] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4