Darkside(リンクエラー修正しました)

2016年7月12日(火) 21:18

拡張コースへ

 ようやく、作り直し前に負けないパターンを発見。
 スクリプトが見つけたパターンにSD最速化スクリプトで強化を図っても、更に速くはならない。

 ジャンプ着地してからが速いという珍しいパターンになっている。SDが切れるタイミングも絶妙で、調整不用。SD直後の減速を抑止するスクリプトを動かしたら、これも何もしないのが最速との結論に至る。
 ここはやはり、強制減速を積極的に活用してインに付くのがベストなようだ。

 減速を放置した場合、290キロ前後まで復活せずに再減速を繰り返すことがある。そうなると論外に遅くなるため、再減速が1回だけというパターンを引かねばならない。TASであればブレーキタイミングの調整により、ほぼ問題なし。100%対処可能かどうかは不明だが。
 再減速が1回だけというパターンは、最高速に復帰する位置を先送りできるメリットがある。このトンネルのようにSD抜きで長距離を走る場合には効果が大きい。しかしSD抜きで長く走り過ぎると、致命的にその後のSDが遅くなる。

 これがSDにクーリングタイムが存在する件と合わせ、PSリッジの最適化を非常に厄介なものにしている。
 ただしこのトンネルに関しては、クーリングタイム調整は考えなくて良い。というのも、いつSDを終了させるかはトンネルカーブを曲がり切れるかどうかによって決定される。結果として、クーリングタイムが不足することはない。

 拡張コースに入ったばかりの直線もまた厄介。

 直線では、SD中の加速が悪くなる。
 SD初期に急加速してSDが短時間で切れるパターンと、SDが長時間持続するが加速が悪いパターンがあり、ベストを探らねばならない。
 作り直し前と同様に、初期にSD最速化スクリプトを動作させ、後半はSD長期化スクリプトを動作させつつ手動調整。
 奥のシケインをインベタで突破可能なギリギリまでSDを持続させた。

 しかし、クーリングタイムが不足した。
 第2チェックポイント前でSDを開始したいが、手前ではSDが掛からずベストタイミングで開始させられない。すると、大きく遅くなる。
 止むを得ず、もう少し手前でSDを終了させる。

 SD終了がシケイン途中になるため、直後の走行ラインも一体で調整せねばならず、かなり面倒だ。
 ここでSDを開始するためにもっと手前でSDを終了させ、2回に分けてSDを使うのは遅いと判断している。

written by higashino [ゲーム] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4