Darkside(リンクエラー修正しました)

2016年8月14日(日) 23:08

物量作戦

 スクリプト耐久試験みたいになっている。

 1周目ヘアピン抜けは、8日間連続動作している。これにより、左ハンドル7フレームのパターンは調査し尽くし、左ハンドル8フレームのパターンを2割近く調査した。
 これまでのところ、更なる faster 解は出現していない。8フレーム以降はオマケみたいなもので、これで faster 解が出現する可能性は低いと考えている。

 そこで既に、投機実行中だ。
 前回の faster 解を最速とみなし(投機)、その後の2周目を別スクリプト走らせて調査させている。仮に faster 解が更新されてしまうと、すべて無駄になる。だからこそ投機なのだが、更新がなければ時間を有効に活用できたことになる。

 2周目の直角コーナー抜けがまた、恐ろしいことになっている。ここは、進行座標が完全に同一で、ガードビームとの距離が僅かに異なる最速候補が5つほどリストアップ済みである。
 僅かというのは、座標にして1ぐらい。

 最高速478キロに達すると、1フレームで内部座標が9進む。つまり、座標の1は、9分の1フレームである。中でも近接した2つの初期位置。座標にして0.3しか違わない・・・から直角コーナー突破スクリプトを動かすと、コーナーリング後の座標が2ぐらい違ってしまうのだ。
 ごく微妙なガードビームとの当たり判定で運不運が生じ、大差に広がる。相変わらず恐ろしい。候補は幾つも用意して片っ端からスクリプトにブチ込むという物量作戦だけが、マトモなTAS動画を可能にする。

 ミュート1大変過ぎる。

written by higashino [ゲーム] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4