Darkside(リンクエラー修正しました)

2016年8月24日(水) 20:52

EXPERTとMASTER

 ミュート3とのタイミング確認を行い、ミュート3のキー操作をそのままミュート2で実行。
 旧 BizHawk ならテキストモードのムービーファイルをコピぺするだけの簡単な仕事だったが、新 BizHawk では面倒だ。
 左下のコース縮小表示にも注目。円形をなした二股が目立つ。

 驚いたことに、無修正でそのままソニックZ改が実行できてしまった。
 クラスを間違えた?それとも、マスタークラスの方が速いってのは間違いだった?

 いや、マスタークラスの方が全体としてライバルカーが速いのは間違いない。だとすると、加速中だけ同等とか?

 だが、ミュート3(マスタークラス)と比較すると、同じではなかった。

 2回目の追突が生じた直後の速度は、どっちも437キロまで上がっている。しかし、ミュート2(エキスパートクラス)に比べて、追突が1フレーム早い。
 F-ZERO においては挽回不可能な決定的大差であり、タイムアタック(&TAS製作)はマスタークラスで行わねばならない・・・というのは完全に正しい。

 だが、キー入力をそのまま流用しても一応ソニックZ改が形になるのは朗報だ。手間が省ける。もちろんエキスパート用に調整すれば、更に速くなる可能性は高い。しかし、マスタークラスを出すための通過点だから、そこまで煮詰める必要はない。
 最終フレームの最小化というTAS本来の目的ではなく、ゲーム内タイムでのタイムアタックとして製作している。

 更にキー操作をコピーすると、1フレームの遅れのため第1コーナーでインから離れてしまう。だから、この後は調整が必要だ。

written by higashino [ゲーム] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4