Darkside(リンクエラー修正しました)

2016年8月30日(火) 20:59

左右逆

 左右ギザギザの部分を抜けるのは、ライバルカーと絡む確率が高いので手動で進める仕様とする。
 基本は直線コースであり、幅寄せするだけの簡単な仕事である。手動でも手間は少ない。

 右ターンして一点読みするので、左に突起が1つ残っているのは問題にならない。右ガード最終突起を通過した直後で、ギリギリまで右に寄せた状態を初期状態とし、一点読み飛び込み探索スクリプトを動作させる。
 ただし、一点読みへの突入はミュート1とミュート3では少し異なる。突入時は同一だが、問題は突入前の針路変更である。

 ミュート1では、ジャンプ台を回避してから少し左寄りに進路を変更することになる。
 ミュート3では、写真の位置から少し右よりに進路を変更することになる。
 そのため、スクリプトの前半に互換性がない。
 進路変更を打ち切るタイミングを変えることで、ガードビームとの間合いを変化させる。そうやって突入ラインを微妙に変化させ、最速な一点読みを探す訳だ。

 針路変更が左右逆の操作になるが、一点読み突入時は左右逆にならない。このあたりスクリプトの不具合の元で、書き換えには結構苦労する。以前ミュート3のTASを製作した時は、一点読みの飛び込みがまだ手動だった。しかしマスタークラス通しプレイとなると、この状況が10回も出現する。
 使い物になるスクリプトを作り込むだけの価値はある。

 このスクリプトも座標を見ずにフレームカウントを見て動作している糞なので、書き換えに余計な手間が掛かった。何とか成功し、一点読みの飛び込みが可能となった。

written by higashino [ゲーム] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4