Darkside(リンクエラー修正しました)

2016年9月6日(火) 21:23

盲点

 BFと1段目の追突で、標準的な左のパターンと1フレーム遅れる右のパターン。

 一般に、追突が早ければ速度は遅く、追突が遅ければ速度は速い。トータルでどっちが速いかは、判断が難しい問題である。
 更に、2段目との関係がある。1段目で速度が上がると、WGが追い付いて来るのに時間が掛かるため追突が遅くなる。追突加速が早くて遅いのと、遅くて速いの・・・が逆転する。

 手動でアバウトにだが少し先まで走らせると、左が速いことが明白になった。だが、実はこれでは人力実機プレイよりも遅い。2回の追突を、しっかり最適化せねばならない。

 プラクティスでは、ライバルをWGにしてWGと2回追突というのが最速である。同様に1段目の追突をWGにして、2段目もWGを使うパターンを試したが遅い。最初に発見した、BFとWGで一気に連続追突を決め、更にもう一度WGで追突という3段ソニックも試みたが、3段目はWGがなかなか追い付いて来ない。
 だが実は、プラクティスのWG×2回でも、WGはなかなか追い付いて来ない。1回目の追突で、ちょっと特殊なぶつけ方をしないと、WGと2回目の追突が発生しない。ならば・・・と大胆に操作パターンを変えたら、気が付いた。

 デスウインドでは、グランプリでも1段目の追突にゴールデンフォックスが使える!

 グランプリで自機にFSを選択すると、スタート位置は左端。一方でGFは右端である。そのため、どう頑張ってもスタートでGFの進路を塞ぐことはできない。
 ところが、デスウインドは横風が吹いていて、スタートしたとたん右に流される。おかげで、右端のGFの進路妨害が間に合うのだ。

written by higashino [ゲーム] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4