Darkside(リンクエラー修正しました)

2016年9月8日(木) 21:05

プラクティスより速い

 スクリプトを使用し、1段ずつ最適化する。

 衝突直後の姿勢が乱れないような操作を行うと、加速が良くなる傾向。

 衝突時の安定性はマシンごとに異なる。
 強い順から、WG、FS、BF、GFとなっている。
 相対的に当たりの強い相手と衝突するほど、衝突直後に姿勢が乱れ易くなり一時的な減速が大きくなる。

 1段目のBFは最弱なので、こっち(FS)の姿勢は殆ど乱れない。一時的な減速も最小。
 この2段目の相手となるBFはブービーなので、こっちの姿勢も少し乱れて若干の一時的減速が生じる。だから、追突の仕方によって速さにかなり差が出る。スクリプトが活躍する。

 問題の3段目。

 1段目と2段目でベストな加速を行うと、手動に比べて速度が出るため3段目のWGがなかなか追い付いて来なくなる。2段目の直後に最大限も蛇行をしても、ここまで衝突が発生しない。
 更に、WGはFSより当たりに強い唯一のマシン。それが相手だと大きく姿勢が崩れ、大減速する。だから、衝突の最適化は大変な問題となる。スクリプトで念入りに最適解を探さねばならない。

 爆速なのは間違いないが、最適化は難物だ。
 手前でさっさと加速して最終速度は遅いのが良いか、衝突を遅らせて最終速度が速いのが良いか。分かり難い。中間状態が最速という厄介な結論だってあり得る。検証が大変だ。

 そして大発見した。
 今回は2段目の直後に蛇行してみて、その蛇行具合も手動で適当に決めた。だから、この走行が最速である可能性は高くない。それでも、プラクティスより速いのはほぼ間違いない。

 このデスウインド2はプラクティスに含まれておらず、グランプリでしか走れない。しかしスタート直後のコースが共通なデスウインド1は、プラクティスでも走ることができる。すなわち、デス2で使えるソニックスタートは、デス1でも使える。
 タイムアタックはプラクティスが有利というのが定説である。だから、デス1では誰もグランプリでタイムアタックやっていない。4つ目のコースだから、グランプリでのタイムアタックは極めて非効率という事情もある。

 しかし、デス1でもグランプリを選んで3段ソニックすれば、プラクティスより速く走れるってことだ。
 特にデス1はオーバルコースなので、タイム短縮の余地が小さい。スタートで確実に速いというのは、絶対的に有利だ。

written by higashino [ゲーム] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4