Darkside(リンクエラー修正しました)

2016年9月12日(月) 21:08

逆直角コーナー

 当初の有力案で進めることにする。

 最初の半円コースを走ると、左直角コーナーが待っている。ここは、デスウインド1と2のコース分岐点でもある。デス1はオーバルコースで、デス2は片側に複雑なコースが付け足された形になっている。
 最高速到達前の1周目は、ガードビームと接触しないようにコーナーリングする。

 左右逆ではあるが、コーナーリング時のキー操作はミュートシティーの直角コーナーが流用可能だ。

 だが、ミュート直角コーナーリングのスクリプトを流用しようとすれば、その前走行が問題である。
 ミュートシティーは直線部分が長いのに対し、デス2は延々と続く緩やかな右コーナーが終了してすぐ直角コーナーが待っている。そのため、前走行を整える間がない。
 そこで、コーナーリングの途中で直進離脱するパターンを使う。

 スクリプトを分離すると無駄が大きいので、自動運転スクリプトの中に直角コーナーリングを組み込む。
 直角コーナーが接近したら、試しに延々と直進し、イン側のガードビームに接触しないことを確認。接触しなかったら、直進の途中で左コーナーリングを開始し、到達座標を調べる。
 調査が済んだら自動運転に戻り、自動運転で1フレーム先に進める。→最初に戻る(ループ)

 要するに、コーナーリングのどのタイミングで離脱して直進するのが良いか、自動運転スクリプト終盤に探るわけだ。

 実際にスクリプトを動かしてみると、数通りの解が出て来ただけ。使い物になるのは最速解1つだけで、それもイン攻めが甘い。たぶんフレーム未満の罠で、かなりの損をしている。
 コーナーリング離脱後に単純直進するのではなく、微小ハンドリングを追加した2段階ターンが必要だろう。ミュート直角スクリプトでは2段階ターンになっていたのを単純な1段階にしたのは、走行距離が短くで2段階では忙し過ぎるからである。だが、こうなると2段階を試すべきだろう。

 手間は掛かるものの、自動運転スクリプトと合体させたので、ソニックスタート後はこのスクリプト一発で直角コーナーリングまで進めてくれる。

written by higashino [ゲーム] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4