Darkside(リンクエラー修正しました)

2016年9月16日(金) 21:17

ダッシュシケイン

 最初のダッシュプレートに乗ると、その先にはシケインがありイン側に第2のダッシュプレートが存在する。

 そんな位置のダッシュプレートに続けて乗るには、コースの右寄りを走行してから突入せねばならない。

 最初のダッシュプレートに乗る時点でインベタは難しく、どうしてもコースの左側に移動しがちである。よって、基本的なハンドル操作は、

1)右ハンドルでコース右側に寄せる。
2)左ハンドルでシケインを突破する。
3)右ハンドルでインを突きダッシュプレートに乗る。

 という3段階になる。
 1つのスクリプトにまとめるには、これぐらいが適切規模だろう。
 1)と2)の間、2)と3)の間、にはそれぞれ直進を挿入し、実際には5段階の操作となる。これを5重ループで回して探索し、壁に衝突すればスキップして次に進む。このスキップの仕方が重要で、不適切にスキップし過ぎれば解を見逃し、スキップできるところをスキップしなければ探索時間が長くなる。
 キー操作の5重ループは膨大な組み合わせであり、非効率なスキップでは実用時間内に解が出ない。

 組み合わせが余りに膨大であるため、PSリッジではキー操作の範囲に制限を設けた。だが、ここは無制限の全数調査が可能な気がする。というのも、アクセル全開のまま突破するのが極端に難しいため、大半のキー操作がガードビームとの接触で葬り去られると予想できるからだ。

 無制限と言っても、左右の旋回はハンドルと重心移動の組み合わせだけを使う。直進後であればクイックターンが効く場合もありそうだが、シケインである以上、クイックターン抜きで突破可能な場合はそっちの方が速いはずである。組み合わせの数が余りに多いため、あえてそこは切り捨てる。
 ダッシュ中は、物理が変わる。風に流されなくなる一方で、重心移動を使うと猛烈に横に流されるようになる。これは、旋回性能が悪化している中で強力な武器である。

 スクリプトを試作して動かすと、すぐに終了してしまった。当たり判定がおかしい。というか、何もかもがおかしい。バグが余りに多い。やることは単純だが、スクリプトも単純にしたのではいつまで経っても終了しない。スクリプトの高速化を始めると、一気にバグり易くなる。

written by higashino [ゲーム] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4