Darkside(リンクエラー修正しました)

2016年9月23日(金) 21:26

第2反射

 デスウインド2のハイライトは、連続反射ドリフト。
 第3のダッシュプレートに乗ると、またしても反射技を使わねば曲がり切れない右コーナーが待っている。ただし今度は直角コーナーではなく、少し楽な形状となっている。それでも反射技かブレーキを使わねば抜けられないことに変わりはない。
 また、形状が違うということは、同じ操作では抜けられないという意味でもある。

 ダッシュプレートに乗って最高速に達すると、後は速度が単調減少する。内部メモリーの値にして、1フレームあたり4の減速だ。
 これが、ガードビームに接触すると15ないし16の減速が生じ、反射すると20の減速が生じる。
 よって反射技を使う場合は、反射時の減速が何フレーム続くかが極めて重要だ。

 浅い角度で食い込むと、5フレーム以上連続して20減速することもある。それでは話にならない。
 大抵は、3フレーム連続して20の減速が生じる。
 だが、当たり所によっては、大減速が2フレームしか連続せずに跳ね返されることがある。

 連続大減速が1フレーム違うと、その後ずっと内部速度16の差が続くため、大きくタイムに影響する。
 大減速が2フレームで済むような反射の仕方を行うのが絶対条件。

 反射後の走行ラインは、インすれすれをかすめねばならない。通常の走行と異なり、反射直後のドリフト中は調整余地が少ない。運命の大半は反射の瞬間に決してしまう。

 反射ドリフトの特徴として、ずっとハンドルを切り続けても横滑りがなかなか止まらない。いったんハンドルをニュートラルに戻すことで、横滑りが止まり旋回性能が復活する。
 そのうえで、アウト側すなわち右側のガードビームに接触せず曲がり切れるパターンを探す。もちろんイン側との接触も厳禁だ。

written by higashino [ゲーム] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4