Darkside(リンクエラー修正しました)

2016年9月28日(水) 21:14

S-JET 最適化

 初代 F-ZERO のスーパージェットは、複雑な仕様になっている。2年半以上経っているので、改めて説明しておこう。
 S-JET を噴射すると、一気に速度が上昇する。通常の最高速は内部メモリーの値にして 2304(16進数で0x900)だが、S-JET により+256されて 2560 になる。その後は1フレームごとに4ずつ減少し、2304 に戻ったらまた 2560 に増える。1周期は64フレームで、持続時間は255フレーム。4周期目で256フレーム目に 2304 に戻ったら、もう加速しない。

 内部メモリーに格納されている値と、画面の時速表示は比例しない。画面表示される速度は、ゲーム上の演出である。

 このような仕様であるため、速度が落ちてきた時にブレーキを掛けると速くなるのだ。
 次のサイクルに早く入ることができて、低い速度で走るフレームの割合が減少し、平均速度が上がる。
 適切なタイミングでブレーキを掛けるのは人力では至難であり、ここでTASならではのアドバンテージが発揮できる。ただし、TASであっても製作は極めて面倒だ。
 ブレーキを掛けた場合の減速は、速度2432(0x980)以上では15。それより遅いと14である。自然減速の4を睨んで、組み合わせを考えねばならない。組み合わせが悪いと、減速終了時に速度が2304を割り込んでしまい、速度ロスが生じる。

 更に、ダート上では速度が回復しない。周期の最後がダート上にならないよう調整せねばならない。

 まだある。
 ミュートシティーと異なり、デスウインドではガードビーム際で S-JET を使う。そうすると、意図的にガードビームと接触させることでブレーキ以上の減速が可能となる。ブレーキと併用することで、減速が16増える。すなわち、1フレームで31ないし30の減速。これで平均速度を更に上げられるが、実現するためのキー操作は遥かに複雑になる。

 トドメに、S-JET の後半は右コーナーリング。ここは、S-JET で速度が上がっているので曲がり切れない。ガードビームに突っ込んだまま走ると旋回性能が向上し、綺麗に曲がれる。しかし、常時ブレーキが掛かっているようなものだ。その部分では、平均速度を上げるための最適なキー操作がまた変わる。

 こんな感じでデスウインドの S-JET 最適化は、複雑に複雑を重ねたとんでもない作業である。

written by higashino [ゲーム] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4