Darkside(リンクエラー修正しました)

2016年9月30日(金) 21:18

なぜか失敗

 直線部分でガードビーム沿いを走るので、右重心移動でガードビームに突っ込み、左重心移動で離脱。
 ガードビームにぶつけて減速するのを4フレームに調整し、その4フレームだけブレーキを掛ける。

 そのような操作パターンを探すのは、容易に思われた。
 だが、いざやってみると解が出て来ない。どんな操作をしても、狙い通りに4フレームだけ急減速させられるパターンが出力されない。スクリプトが間違っているのか?それとも何か見落としていて、理論的に不可能な目標なのか?

 直進走行から横スライドで所定のタイミングとフレーム数だけガードビームに接触させる。これは S-JET 最適化の中でも最も簡単なのpは間違いない。それなのに、ここまで苦労するとは先が思いやられる。
 幸いにして、F-ZERO に関してはもうTASを早く完成させたいという欲求がそれほど大きくない。たっぷり時間を掛けて完成度を上げる気分になれている。既に、デスウインド2に着手して1ヶ月が過ぎた。何とか1ヶ月で完了させたいと当初は思っていたが、冗談ではんまい。それこそ生活崩壊寸前にでもならない限り、レースゲームのTASを1ヶ月で仕上げるなど不可能だ。やったとしても、思い切り最適に程遠いものしか出来ないだろう。

 少し手抜きしても1ヵ月半は確実に必要だし、本来なら2ヶ月以上は欲しい。そして、キングリーグには5つのコースがある。
 既にハード調達済みの工作ネタを途中で若干やるつもりだが、それ以外はずっとTAS製作して、年内に次のポートタウン2まで仕上がるかどうか、というスケジュール感だ。

 初代 F-ZERO では、TASで使えるテクニックの大半が人力実機で可能である。それこそ、理論的に可能なことはすべて人間が可能という世界である。理論限界と人間の限界がほぼ一致していたというのが、初代のタイムアタックが盛り上がりまくった要因の1つでもある。しかしTAS製作は、逆に盛り上がらない。どんなに頑張っても、うまい人間の域を抜け出すのは困難だからだ。
 そんな初代にあって、人間には無理でTASだけに可能なテクニックは2つしかない。1つはミュートシティーのヘアピン抜けで、もう1つが S-JET の最適化。前者はミュートシティーのみで有効なのに対し、後者は全コースで絡んで来る。

 幾ら大変であっても、そのような S-JET の最適化で手抜きするわけには行かない。

written by higashino [ゲーム] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4