Darkside(リンクエラー修正しました)

2016年10月4日(火) 22:05

1つ解決しても

 どうやっても第2周期ではガードビームから離れてしまう。
 その原因が、ようやく判明した。

 ガードビームとの適正接触を探すスクリプトでは、直進→右重心移動→直進→左重心移動→直進という操作を行い、各段階のフレーム数を変化させて片っ端から試している。ここで解が発見されると、最後の直進部分を除外してステートセーブし、それを後で取り出して使う。
 問題は、それによってステートセーブされたキー操作は、最後が左重心移動になるという点にある。

 第2周期の自動運転スクリプトでハンドル操作を行うと、左重心移動の直後にハンドルを切ることになる。それにより、左ハンドルがクイックターンになってしまうのだ。
 直進を40フレームも続行させると右ガードビームに接触するので、最小限の左ハンドルが必要になる。しかし直前が左重心移動なので、最小限でもクイックターンとなって大きく左旋回してしまう。一気にガードビームから離れてしまい、適正接触を探すスクリプトがガードビームと接触不能になる。

 原因が分かれば対策は簡単で、ステートセーブする際に直進を1フレームだけ追加しておく。それだけで、クイックターンにならない。
 こうして、第2周期に入ってもガードビームから離れずに自動走行できるようになった。

 ところが、それでも第2周期の適正接触スクリプトは解を発見できない。
 最大で12フレームまで右重心移動でガードビームに接近するようにしていたが、24フレーム連続の重心移動まで許可してみる。しかしそれでもなお、解が出て来ない。どうなってんだ?

 簡単に解決しそうな問題なのに、訳が分からないほどしぶとい。

written by higashino [ゲーム] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4