Darkside(リンクエラー修正しました)

2016年10月16日(日) 21:05

予想通り

 内部速度が2560まで戻らないパターンで、1周期分の S-JET 最適化ができた。

 内部速度が2560まで戻るパターンでの最速候補。

 同じく1周期分の S-JET 最適化ができたが、ガードビームとの接触は2フレーム連続のパターンしか存在しなかった。
 実はダート直線部分の最適化では、4フレーム連続か3フレーム連続しか登場せず、一応用意しておいた2フレーム連続というパターンは出番が無かった。それが、ここで役に立った。

 ほんと接触減速のパターンは、どうなるかやってみなければ分からない。
 そしてこの両者を S-JET 終了後まで走らせたところ、2560まで戻らないパターンの方が速かった。予想通り、先行のアドバンテージは速度のアドバンテージを上回った。

 そしていずれにしろ、2周期目が終了する前にこの直線部分は終了。実際には1周期の最適化だけで終了。これ以降は、通常のコーナーリングへバトンタッチすべきもののようだ。

written by higashino [ゲーム] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4