Darkside(リンクエラー修正しました)

2016年10月17日(月) 21:53

最後の右

 ここからまた手動で少し斥候してみる。
 何フレームか直進してから右ハンドルをひたすら切りまくると、良い感じに曲がれそうだ。この半円コーナー前半と同様の雰囲気。
 となると、自動運転はうまく働かない。最初は直進するのが需要なのに、自動運転だと最初から限界まで右に寄せてしまう。

 最初の直進も単純ではなく、そのままだとガードビームに接触したり離れ過ぎたりする。だからまず、ガードビームに接触しないけれども出来るだけ接近するという進路を取らせる。この部分は、そもそも前段階の S-JET 最適化 faster 判定に使えるので、動作を確認してから前スクリプトに組み込んでおく。次ラップ以降で省力化になるはずだ。
 そして前スクリプトに組み込んだ段階で、今回のスクリプトに組み込む必要がなくなる。だが、念のため組み込んだままにしておく。2度適用しても、害はない。

 こうして安心して直進できるようになったところで、直進フレーム数を変化させて右ハンドルを切る。
 場合の数が少ないので、右ハンドルも重心移動併用とクイックターンの有無によって4通りを試す。
 曲がり切ったら直進に戻すが、そのタイミングも変化させる。

 出来上がったスクリプトを試しに動作させると、速遅の判定が2回目以降で狂っていて最初の解しか採用されていないかもしれない。
 だが、出力された解そのものは、まっとうに速い。別に S-JET 最適化は考慮していないが、ガードビームとの接触具合も悪くない。ここから更に動作の検証を行って煮詰めれば、基本的に使い物になりそうだ。

written by higashino [ゲーム] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4