Darkside(リンクエラー修正しました)

2016年10月19日(水) 21:13

アウトインアウト不適

 最高速に達した状態だと、旋回性能が悪化する。少しでも最高速より下だと、一気に旋回し易くなる。

 試しに最高速のまま曲がろうとすると、無理がある。右ガードビームすれすれまで寄せてから究極のアウトインアウトは可能だが、それだと続く右直角コーナーがキツくてダッシュプレートを捉えられない。
 そこで、アクセル瞬断だ。

 ミュートシティーの直角右コーナーの曲がり方を探索するスクリプトを流用し、左右逆操作にして組み込む。もちろん最高速だから、2周目以降の処理を使う。
 これで試すと、旋回終了が早過ぎる。曲がっている途中で終了してしまう。この写真の位置から直進を続けると、ギリギリで直角コーナーを掠めて曲がれる。だが、この角度では深過ぎて、やはり続く右直角コーナーが曲がれない。

 ミュート直角コーナーは、もっとイン寄りに進入していた。しかし現状デス2では、アウトすれすれから突入させたため、コース中央部分で旋回終了してしまった。
 要するに、アウトインアウトではなく、もっとイン寄りに進入してから曲がるべきなのだ。
 ここで問題は、どのていどインに寄せるのが最速か?ということ。

 ミュートシティーの直角コーナーは、散々試して最速が狙える適切な間合いを絞り込んで行った。つまり、デス2も試行錯誤を重ねてベストな間合いを絞り込む作業が必要になる。手前のコース形状が異なるため、ミュート直角コーナーと同じ間合いを採用すれば済むものではない。

 レースゲームの最適化は、こんな調子である。この膨大な手間に見合ったリターンが得られそうにないゲームは、誰もTASを製作しようとはしない。初代
F-ZERO も、そんな不幸なゲームの1つだ。

written by higashino [ゲーム] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4