Darkside(リンクエラー修正しました)

2016年11月21日(月) 21:19

可能性の確認

 ソニックスタートでは、加速が不十分でブロックした相手が想定外に早く追い付いて来ることがある。

 実際に絨毯爆撃探索したところ、その傾向ははっきり出ている。自機の加速が良い場合はブロック相手の座標は進まず、加速が悪い場合は座標が進行している。
 相手すなわちBFの座標が最も進んでいるケースを使用し、手動操作で確認。1つ目のジャンプ台にBFが到達するまで4秒11を要した。

 ジャンプ台の真上で衝突を発生(=478ロケットスタート)させようとすれば、BFがジャンプ台に到達してくれない限りはどうしようもない。いかにBFが早く到達してくれるかの問題だ。
 これは、プラクティスでGFを相手にした場合に比べて、0.3秒ほど遅い。よって、プラクティスと同じようにロケットスタートを決めても、0.3秒は遅くなる。

 一方で標準操作の2段ソニックからジャンプ台を2つ普通に飛ぶ場合、プラクティス最速に比べて0.2秒と遅くならない。確実に遅いのだが、実はそれほどとんでもなく遅い訳ではない。
 マスタークラスならBFが更に速いことを考慮に入れても、無理にBFでロケットスタートさせるのは却って遅いのがほぼ確実だ。

 ゆえに、ソニックスタート2段目は、常識通りWGをブロックするしかない。
 ただし、WGは自機FSより当たりに強いため、ブロック時の挙動が遥かにバリエーション豊富である。普通にブロックするだけが能ではなく、工夫の余地がある。
 ポートタウンのスタートは状況が特殊なので、調べるべきことが多い。

written by higashino [ゲーム] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4