Darkside(リンクエラー修正しました)

2016年11月30日(水) 21:24

邪魔カー

 自動運転が失敗した原因が判明した。
 ガードビーム接触など減速した際に、何フレーム目まで大丈夫だったかの情報を取得していなかった。元は取得していたが、取得していないスクリプトもあってそっちから処理を流用してしまっていた。

 最適なコーナーリングは、コーナー曲率やマシンの速度、更にはダッシュ中とか
S-JET 噴射中とか諸々の条件によって変わる。優秀なレースゲームの場合、1つ1つのコーナーすべて条件が異なり、同一の攻略法が使えない。だから、コーナーごとにスクリプトは事実上の専用品となる。
 高度にカスタマイズの進行したスクリプトは、流用も大変だ。

 接触でNGとなったフレーム数を取得するのは、自動運転で何フレーム先まで試走するかという調整が面倒だからである。コーナー手前までしか試走しなかった場合、曲がり過ぎてコーナーにぶつかってしまう。逆に試走し過ぎると、コーナー向こう側のガードビームにぶつかってしまう。
 よって、手前のコーナーは通過するがその奥の壁には接触しないという、絶妙の試走を行わねばならない。これを自動調整するために、接触時のフレームを取得する必要がある。

 アルゴリズム自体は動作実績があり、ポートタウンでも期待通りに動作するようになった。

 だが、ゴールデンフォックスが最大の邪魔カーとなって立ちふさがる。
 もともとデスウインド以外のグランプリではスタート時にGFが先行するのがデフォルトであり、どこでGFを抜くかは重要ポイントである。しかしポートタウンでは、少なくとも実機プレイで悩んだことはない。
 このタイミングでGFが絡むというのは、異常なのだ。普通は特に策を弄さなくても簡単に抜ける。

 なぜか、GFが異様に速い。本来抜けるタイミングで抜くことができず、極めて厄介な絡み方になっている。TASなのだから、もちろんこっちが遅いということはあり得ない。

 減速せずに抜くことは可能だが、接触せずに抜くことができない。
 この軽い接触で、減速はしないが左側に放り出され、どんなに右ハンドルを切ってもアウト側のガードビームに突っ込んでしまう。

 これは、厄介なことになって来た。

written by higashino [ゲーム] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4