Darkside(リンクエラー修正しました)

2016年12月4日(日) 22:04

単独処理も厄介

 コーナー1つのスクリプト1つというのは、厄介な問題を発生させる。
 最適な脱出ラインが不明になるのだ。

 どのような走行ラインでコーナーに接近するか。そのような走行ラインでコーナーを抜けるか。それは、前後のコーナー形状によって変化する。だから、コーナー攻略は単独で行うことができない。必ず前後の条件が関係する。
 だから、特に関係が深いコーナーは複数まとめて1つのスクリプトで処理する方が分かり易い。

 1つ1つを切り離すと、コーナー脱出ラインが部分的に最速でもそれでは次のコーナーへのエントリーには不適切ということがある。
 最速の脱出ラインを知るためには、次コーナーの最速エントリーを知らねばならない。そんなことはできない。そして、最速の脱出ラインが決定しないとなると、速遅判定ができない。

 だから、脱出ラインは適当にモデル化して比較せざるを得ず、それが本当に最速かどうかは疑問の余地が残る。次コーナーのスクリプトでは解をそのまま初期状態として使用できず、若干の変化を加えたバリエーションを初期状態として動作させねばならない。
 これは、当然に計算量を増大させる。それでも、2つのコーナーをまとめて処理するよりは2桁ぐらい計算量は少ない。ちょっと苦しいが、コーナーをバラバラに計算するしかない。

 もう1つ厄介な話として、徐々にコーナーがキツくなり遂にここではクイックターンによる減速が発生。クイックターンは明白に有利だが、減速すれば不利。では、どう曲がるか。

written by higashino [ゲーム] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4