Darkside(リンクエラー修正しました)

2016年12月5日(月) 21:11

決め打ち

 途中まで重心移動併用で曲がり、その後は重心移動なしで旋回する。
 では、どこまでなら重心移動を併用しても減速せずに済むか?

 それをいちいち確認するようなスクリプトにしたところ、当然ながら計算量が増え過ぎてすぐに断念。
 すべての操作パターンを調べ尽くすのは不可能なので、操作を変化させるのが効果的な部分を判断して効果的に調査せねばならない。スクリプト任せとはいえ、その前段階の人間判断がTASの品質を決める。

 そこで、重心移動に関しては決め打ちすることにした。何フレームまで重心移動を併用するか。それは毎回同じにする。
 手動操作で速度変化のパターンを確認し、15フレームに決定。
 クイックターンから重心移動併用15フレーム旋回し、次から重心移動抜きの旋回。

 これでスクリプトを動かしたところ、僅かに速い解が発見できた。

 旋回後は磁石地帯の直線で、最高速に到達する。
 GFの邪魔による減速で最高速到達が遅れたが、最高速に達したらアクセル瞬断するコートもスクリプトには組み込み済みだ。デスウインド2の第1ダッシュプレート手前では効果を発揮した。

written by higashino [ゲーム] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4