Darkside(リンクエラー修正しました)

2016年12月19日(月) 21:40

操作モデル

 操作モデルは、
1)直前ヘアピンの続きで左旋回続行
2)直進
3)右ハンドルを少し切る
4)直進
5)重心移動併用右旋回でアクセル連打
6)直進

となっている。
 2)から4)が折れ線走行で、走行パターンを微妙に変化させてフレーム未満の当たり判定に対処する。これを単純な直進にまとめると、当たり判定の運不運で馬鹿にならない差が生じる。馬鹿にならないと言っても大抵は1フレームの何分の1だが、レースゲームでは1フレームより小さな差がラップ毎に累積する。かくして、最終的には1フレーム以上の差になりがちなのだ。
 それに、いきなり1フレームの差が生じる場合もある。

 6)の直進は、映像の位置を接触せず走り抜けられるかどうかのチェックである。5)の旋回を1フレームずつ多くして、無事に抜けられたものを解にしている。抜ける際の向きもチェックし、余りに右向き過ぎているものは捨てる。ここから先のコーナー群をスムーズに抜けるためには、左を向いている方が望ましい。

 以上のモデルにおいて、疑問点として浮上したのが3)である。直前ヘアピンの要領で3)のフレーム数に制限を設けていたが、1)で余分に左旋回を続行し、そのぶん3)の右ハンドルを多くした方が、5)のライン取りが楽になるかもしれない。

written by higashino [ゲーム] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4