Darkside(リンクエラー修正しました)

2017年1月25日(水) 21:58

モデルを考える


 原則として、旋回性能に余裕があれば自動運転が有効。余裕がなければ操作モデル化が有効。

 ポートタウン2のこの付近は、緩いコーナーから徐々にキツいコーナーへと変わる。だから本来、最初は自動運転が有効である。
 しかし最初は特殊ケースで、強制引き戻しされるためコーナーリングしにくい位置からのスタートとなる。フル旋回から入らねばならない。
 そしてコーナー曲率の微妙な絡みもあり、自動運転もモデル化も難物であると判明した。
 それでも一応自動運転でそれなりの走行は出来たので、そのキー操作を確認する。

S-JET 噴射してから17フレームは、ひたすら右旋回。
続いて直進が6フレーム。
そしてクイックターンで2フレーム。
直進8フレーム。
重心移動2フレーム+クイックターン7フレーム。

 あとは直進して、続く左コーナーのインすれすれ走行ラインとなる。
 理想的な走行ラインのイメージと比較すると、最初の右旋回が17フレームも続くのは長過ぎる。これは自動運転の欠点で、目先の判断しかできないので早期に過剰に旋回してしまう。
 しかしそれを除けばそこそこマトモに旋回できている。
 最初はひたすら右旋回→直進→クイックターン→直進→クイックターン→ずっと直進という操作モデルで十分に行けそうに思える。単純重心移動が2フレームあるのは、パラメーター変更で吸収できるだろう。あえてそこまで細分化する得失を考えれば、無視して良い。

written by higashino [ゲーム] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4