Darkside(リンクエラー修正しました)

2017年1月26日(木) 21:34

1つ目クリア


 スクリプト化して動作させたところ、スムーズな右旋回が実現。しかも、最初に連続17フレームのフル旋回を行うというのが長過ぎることもなく、適正だったと判明。パラメーター変化型だと自動運転では発生しない操作バリエーションが試され、ガードビーム上の特異的に当たり判定がキツい部分をうまく回避できるようだ。

 適切にモデル化できたら、やはりパラメーター変化型は強い。いかに適切な操作モデルを設定できるかが勝負となる。
 ただし、文句なく美しい右旋回を成功させたあと、直進で左コーナーのガードビームをケズってしまう。ここは、接触不可にしておいたはずだ。

 左旋回はまた別スクリプトにするので、ガードビームとのケズり具合はそっちで調査する。そのためには調整余地が必要なので、ガードビームとの接触を避ける解を出力するように作ったはずなのだ。
 また、ガードビームと接触すると S-JET の周期ズレが発生する。それでは右旋回部分だけでの S-JET 最適化判定ができなくなる。

 まあ話は単純で、接触禁止直進のコードは記述したのだが、間違って単純直進のコードを呼び出していた。修正すると、想定通りの解が出力されるようになった。

written by higashino [ゲーム] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4