Darkside(リンクエラー修正しました)

2017年2月3日(金) 22:17

エミュ遅過ぎ

 ヘアピンはいずれも難所で、スクリプトの実行時間も長くなる。

 棒磁石ヘアピンは投機実行が失敗し、後から僅かに速い解が得られた。だが、続く左ヘアピンでは逆転し、最初に試していた解を初期値にした方が速くなった。単独の最速を積み重ねても合計が最速とは限らない。これは、どこまで時間を掛けるべきかという話になる。
 レースゲームの最適化は恐ろしい世界で、こだわると何年経っても終わらない。どこかで妥協せねばならない。

 もっとも実際は、スクリプトひいてはエミュレーターが余りにも遅過ぎるというのが諸悪の根源と言える。
 SFCのエミュレーターなんて本来はこの10倍速で動いてもおかしくない訳で、そういうエミュレーターが登場したら、スクリプトを何年も動かすような製作は壮大な時間の無駄だったということになりかねない。
 天王山ヘアピンは、24時間では終わらない。本番ではないエキスパートクラスにおいては、分割実行してもやってられない。半分ぐらい処理した段階の、そこそこ速い解を採用して先へ進む。

 3周目の暫定ラップは25秒45と、少し速くなった。
 2周目と3周目は、邪魔カーが出現しなかった。ショートカットが好影響かもしれない。しかしさすがに4周目からは邪魔カーが絡むはずだ。
 これまでのようにスクリプトをバトンタッチさせるだけでは済まないだろう。

written by higashino [ゲーム] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4