Darkside(リンクエラー修正しました)

2017年2月6日(月) 22:23

いよいよ邪魔


 天王山へアピンは投機実行のうえで途中打ち切り。本番ではないのだから、十分に速そうな解が得られれば進んで構わない。
そして十分に速いかどうかの判断には過去周回のデーターが役立つので、ラップを重ねるほど容易になる。

 その直後遂に、邪魔カーが本格的に邪魔になった。スクリプトが完全に誤動作し、連続コーナーを抜け損なって左旋回しガードビームに
突っ込んでしまう。しかし手動操作で試すと、素直に走るだけで邪魔カーは避けてくれる。何度も書いているが邪魔カーが恐ろしいのは
緩いコーナーであり、急コーナーではインが空く。
 それなのになぜスクリプトが誤動作するのか。ここは自動運転である。ほぼ直進すると邪魔カーに妨害されず走り抜けられるのだが、それよりも左旋回が速いと判定されているようだ。でも、目先の左旋回するとハマってしまう。

 ターゲット座標の設定を変えるだけで直る気がするが、ターゲット座標の変更は繊細な問題である。これまで動作していたものが、不具合を起こす可能性もある。今のスクリプトが出力する解は、次のスクリプトが初期値として利用しており、その初期値を前提に次スクリプトはパラメーターの範囲を決めている。


 自動運転なのだから、一部だけ手動運転でも良いだろう。ここは悩ましい場所ではなく、人力操作を省力化するためにスクリプトを組んでいるような場所である。

 自動運転が判断を誤って左旋回する付近を手動操作し、その後を再び自動運転スクリプトに任せる。これで無事に先に進めた。邪魔カーが存在しない部分ではスクリプトは相変わらず問題なく動作。シケイン直後にまだ邪魔カーが出て来たが、直線部分なので難なくパス。4周目の暫定ラップは25秒43へと縮まったので、途中の妥協はほぼ影響していない。

 初代は 1/60 単位で動作するため、0.01秒の桁は不正確である。本当のラップはゴール後まで分からない。3周目が25秒45で4周目が25秒43に見えるが、実際はどちたも25秒44になっているかもしれない。
 1コースで5周もするとか、周回ごとに即座にラップタイムを確認できないとか、このあたりは古代のゲームである。

written by higashino [ゲーム] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4