Darkside(リンクエラー修正しました)

2017年2月24日(金) 21:22

複合コーナーへ

 直角コーナーを過ぎると、ガードビームこそギザギザだが基本的には単なる直線が長く続く。そして突き当たりが複合コーナー。とはいえこれも見た目だけで、これまでの難コースに比べると旋回が楽なのは実機プレイしていれば分かる。ポート2の複合コーナーとは比較にならない。
 最高速に達しているので、ポート2の棒磁石地帯終了時ヘアピン同様に、クリッピングポイント近辺での連続アクセルオフが有効と考えられる。最高速に達しないよう1フレームのアクセルオフを適宜挟みつつ、それとは別に連即アクセルオフだ。
 ジャンプ台→直角コーナーの場合と同様、折れ線走行は手前で済ませておく。

 適切な旋回開始タイミングは、予備調査を行う。
 連続アクセルオフを行わない場合に過剰な減速無しで曲がれるが、設定最大限以上の連続アクセルオフを行った場合にはインのガードビームで大きく減速してしまう。そのようなタイミングを採用し、アクセルオフのタイミングと長さを変化させつつ旋回を試しまくる。
 やってみると、設定最大限以上の連続アクセルオフを行った場合にも減速無しで曲がれる場合が多発。これはフレーム未満の当たり判定の運が悪く、インすれすれを狙う走行ラインを取ることが不可能だという意味だ。適度なアクセルオフでインすれすれを突ける折れ線パターンだけを解候補とする。

 速遅を無視して有効解を全部出力すると、583通りだった。
 これはかなり微妙な数である。スクリプトは短時間で終了するが、続く左コーナーの調査を合体させるには多過ぎる。となると、最速より少し遅い解も出力しておき、最終的にベスト10ぐらいを取り出し、次のスクリプトの初期値として片っ端から放り込むミュートシティー流が良いだろう。
 ある時点におけるそれまでの最速解から少し遅い解も出力だけは行う。これで、途中の出力解は57通りに減った。本来であればこの57通りの中からベスト10あたりを取り出すわけだが、どうせならこの57通りだけは全部自動的に次コーナー探索につなげても良いかもしれない。

written by higashino [ゲーム] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4