Darkside(リンクエラー修正しました)

2017年4月13日(木) 21:29

厄介な場所の再登場


 またせっせとスクリプトを修正し、綺麗な旋回が実現。
 そうなると、これが初期値となる厄介な場所の再登場だ。ここから左旋回→右旋回の切り返しだが、1周目ではスクリプトの実行時間という大問題が発生した。

 ゲーム内における60分の1秒という時間分解能が余りに大雑把過ぎて走行ラインも大雑把になってしまうため、直進すればよい場所で折れ線走行を行い、走行ラインを微調整する。これは、さんざん説明して来た話である。しかし、直進という1通りしかない操作パターンを、直進→旋回→直進という3段階に分割すれば数十あるいは数百通りの操作パターンになる。
 すなわち、スクリプトの実行時間も数十倍から数百倍になるのだ。

 更に、これを左旋回でも右旋回でも行えば、実行時間は2乗で長くなる。だから、スクリプトがいつまでも終わらなくなる。


 手動操作で突破してみると、簡単だった。だが、こと S-JET 噴射中は手動調査は簡易的なものに留まる。というのも、S-JET を最適化するため適切にブレーキを掛けねばならず、それは手動では面倒なためだ。

 1周目のスクリプトを流用。S-JET 噴射関係の修正だけ行う。
 一計を案じ、折れ線走行をやめてみる。パラメーターの範囲を書き換えただけであり、簡単に折れ線走行を復活させられる。要するに、まずは操作パターンを桁違いに減らしてスクリプトがすぐ終了するようにしておき、どんな解が出てくるか様子見である。

 これが好判断で、案の定なかなか解が出ない。スクリプトが機能していない。手動で簡単に解が1つ得られるのに、自動化するとまたしても解が出ない。今回はブレーキが絡むため、簡単におかしいと言えないのが厄介だ。

written by higashino [ゲーム] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4